FX自動売買の簡単な始め方!選んで設定をするだけでプロ並みの取引開始

この方法に向いているのはこんな人

  • 毎日が忙しく、落ち着いてチャートを見ている時間がない!
  • 本当は自分で稼ぎたいけど、自分で取引をして稼ぐ自信がない!
  • 自分でやって全然勝てない。もっと上手な人に取引を任せたい!
実際に検証してみました
初心者に焦点を当てて、初心者でもプロ並みのトレードが出来るように開発されたのが「トレードコレクター」というサービスです

FXの上達方法としては、書籍やセミナーなどで勉強したり、高額なツールやサービスを利用したりする方法がありますが、どれも時間や費用がかかりあまり効率的ではありません。

しかし、自分で取引をするのではなくプロに運用を任せてしまえば上達する必要自体なくなります。さらに、プロの取引履歴を見て勉強することも出来るのです!しかも無料で。

なぜそのようなことが可能かというと、FX業者側も「お客様に勝ってもらわないと長くは稼げない」という事がわかってきたのです。その結果、かつては有料だった相場情報の無料提供や著名なトレーダーの無料セミナーなどで投資家のスキル向上にチカラを入れています。

このような流れの中、特に相場のカモとなってしまいがちな初心者に焦点を当てて、FXを始めたばかりの初心者でもプロ並みのトレードが出来るように開発されたのが「トレードコレクター」というサービスです。これはヤフーグループのYJFX!が提供するFX自動売買で、機械が取引する一般的なFX自動売買とは違い、実際に取引をしているプロトレーダーの取引をそのままコピーする形で自動売買が行われます。

仕組みだけ聞くと「難しそう・・・」と感じるかもしれませんが、やることは至ってシンプルで「自分好みのトレーダーを選んで設定するだけ」です。 具体的な方法は下記をご覧ください。

実は、とってもカンタン!自動売買を始める3つのステップ

取引実績ランキングから稼いでるトレーダーを「探す」
取引実績ランキング
自分好みのトレーダーを「選ぶ」
マイコレクションは100枚まで - トレードカードは5枚まで
取引開始ボタンを「押す」
トレードカードが決まったら「取引開始」ボタンを押すだけ!

まとめると、

  • 1.取引実績ランキングから稼いでるトレーダーを「探す」
  • 2.自分好みのトレーダーを「選ぶ」
  • 3.取引開始ボタンを「押す」
この手順で出来るFX業者はコチラ

YJFX! 外貨exYahoo! JAPANを運営するヤフー株式会社の100%子会社

YJFX外貨ex
  • ヤフー株式会社の100%子会社だから安心!
  • 外貨exスプレッド大幅縮小キャンペーンでお得な取引が可能!
  • フォレックス・マグネイト東京サミット2014でベストFX会社を受賞!
  • プロトレーダー取引をそのままコピー可能なトレードコレクター登場!
  • 大好評のスマートフォンアプリは25万ダウンロードを突破!
取引手数料 初回入金額 レバレッジ 取引単位 通貨ペア
無料 指定なし 25倍 1000通貨 22種類
スマホ取引 自動売買 キャンペーン 会社資本金 自己資本規制比率
可能 可能 実施中 4億9000万円 1,079.4% (2015年3月末)

YJFX! 外貨exの評判まとめ利用者レビュー

私はYJFXのトレードコレクターというシステムを利用してFX取引を行っています。

私は最近FXに興味を持ち、取引を行いたいと考えたのですが経験はもちろんのこと、専門的な用語についても知識が皆無でしたので失敗する可能性が高く取引開始をためらっていました。そんな時に知ったのがYJFXのトレードコレクターというシステムであり、これは他の人に取引を委託する形で行なうFX自動売買となります。

ベテランのトレーダーの取引を見ることができるのでそこから多くのことを学べると思いましたし、私は普段仕事を行っているためベストなタイミングでの売買ができません。自動取引であれば自動でベストなタイミングで売買をしてくれるので損失のリスクも小さいことも魅力でした。

YJFXで取引をしていて良かったと感じたのが、スワップポイントの金額の大きさです。

普段は豪ドル円でスワップポイント狙いの取引を行っているのですが、他の業者に比べると高額なため早く資金が増えていくというメリットがあります。他の通貨ペアについてもほぼ同じことが言えるので、スイングトレード派の方にはおすすめの業者と言えます。

取引ツールの使いやすさも、YJFXは素晴らしいと感じています。売買注文を出す際の画面表示が大きいため、レートが見やすいからです。スプレッドも表示されているので、流動性の低い時間帯などでも安心して発注できます。

投資セミナーの質が高い点も、YJFXならではの特徴です。相場に詳しい方が最新動向をわかりやすく説明してくれるので、初心者でも迷わず取引の参考にできます。

YJFXを利用して取引をしているのですが、まず良いと感じる点としては

なんといってもヤフーという有名企業が提供しているサービスだけに、安心感があるというところだと感じています。FXの業者というのは数多くありますが、この世界では有名なのかもしれませんが普段生活をしているとあまり名前を聞くことがない企業ばかりなので、その点YJFXは知名度の高い企業が運営しているということで安心感があるのは良いですね。

次にスプレッドが狭いのも取引をする立場からするとありがたいもので、どの通貨ペアにしても他の業者と比較してスプレッドが狭いものばかりであるため取引にかかるコストも少ないため、その分成績に反映されて助かっています。

実際に自動売買を始めた人々の感想まとめ

30代 男性 会社員 30代 男性 会社員

外回りが多い"営業"という仕事をしている立場なので、 移動時間が多く、暇潰し&お小遣いアップのために為替取引を始めました。

でも、「どうやって取引すれば勝てるのか」がわからないんですよね…。 そんなことを悩んでいる時、プロに任せるという方法を知りました。

最初は難しく感じていたのですが、やってみると意外と簡単ですぐに慣れました。 今では「自分で勝とう!」という気すらおきません。餅は餅屋。その意味を噛み締めながら毎日楽しんでいます!

20代 女性 主婦 20代 女性 主婦

最近、二人目の子どもを産んだばかりで就職したくでも出来ない環境にあります。 安心して保育園に預けられるまでの間、自宅で稼ぐ方法を探していた時にFXを知りました。 でも、完全に素人の私が「FX取引で勝てる!」なんて到底考えられません。

どうすれば良いか悩んでいた時に、自動売買という選択肢を見つけました。 これならFX取引の実力は必要なく、勝てそうな人を選ぶだけなので簡単です! 何より「カードを選ぶ」というわかりやすい表現が気に入っています。

ちなみに、プロの売買履歴を見ることも出来るので、 相場がどのように仕掛けて、どのように手仕舞いするのかは一見の価値があると思います。

60代 男性 無職 60代 男性 無職

私は去年の今頃に勤めていた会社を退職し、失った安定収入の穴を埋めるべく資産運用先を探していましたが、 どの投資も難しく全くの初心者である私が出来るようなものはありませんでした。

しかし、FX自動売買だけは違っていました。なぜならば、取引自体はプロトレーダーの方に任せてしまい、 私は彼らがしっかり取引しているかを監視するだけで良いからです!

最初は年金以外のお小遣い稼ぎを目標として始めただけだったのですが、今では本腰を入れて資産運用をさせてもらっています。なにより、自分で稼ぐことが出来るって楽しいですね!

他にもあります!自動売買対応の口座を比較

サービス名 スマホ取引 取引手数料 初回入金額 取引単位 通貨ペア 自己資本規制比率
(2015年3月末時点)
公式サイト
YJFX! 外貨ex ◎専用アプリ ○無料 ◎指定なし ◎1,000通貨 ○22種類 ◎1079.4% 詳細
インヴァスト証券
シストレ24
○可能 ○無料 ◎指定なし ○5,000通貨 ○26種類 ◎1,221.4% 詳細
FXプライム
選べるミラートレーダー
○可能 ○無料 ◎指定なし ○5,000通貨 ○30種類 ○519.4% 詳細
FXTFミラートレーダー ○可能 ○無料 ×10万円 ×10,000通貨 ○28種類 ×286.5%  
M2JFX ○可能 ×あり ◎指定なし ◎1,000通貨 ×11種類 ○570.6%  
でも、やっぱりオススメなのは

YJFX! 外貨exYahoo! JAPANを運営するヤフー株式会社の100%子会社

YJFX外貨ex
  • ヤフー株式会社の100%子会社だから安心!
  • フォレックス・マグネイト東京サミット2014でベストFX会社を受賞!
  • 外貨exスプレッド大幅縮小キャンペーン実施中!
  • 人気トレーダーの売買情報で自動取引フォレックス・マグネイト東京サミット2014でベストFX会社を受賞!
  • 大好評のスマートフォンアプリは25万ダウンロードを突破!
取引手数料 初回入金額 レバレッジ 取引単位 通貨ペア
無料 指定なし 25倍 1000通貨 22種類
スマホ取引 自動売買 キャンペーン 会社資本金 自己資本規制比率
可能 可能 実施中 4億9000万円 1,079.4% (2015年3月末)

YJFX! 外貨exの評判まとめ利用者レビュー

私はYJFXのトレードコレクターというシステムを利用してFX取引を行っています。

私は最近FXに興味を持ち、取引を行いたいと考えたのですが経験はもちろんのこと、専門的な用語についても知識が皆無でしたので失敗する可能性が高く取引開始をためらっていました。そんな時に知ったのがYJFXのトレードコレクターというシステムであり、これは他の人に取引を委託する形で行なうFX自動売買となります。

ベテランのトレーダーの取引を見ることができるのでそこから多くのことを学べると思いましたし、私は普段仕事を行っているためベストなタイミングでの売買ができません。自動取引であれば自動でベストなタイミングで売買をしてくれるので損失のリスクも小さいことも魅力でした。

YJFXで取引をしていて良かったと感じたのが、スワップポイントの金額の大きさです。

普段は豪ドル円でスワップポイント狙いの取引を行っているのですが、他の業者に比べると高額なため早く資金が増えていくというメリットがあります。他の通貨ペアについてもほぼ同じことが言えるので、スイングトレード派の方にはおすすめの業者と言えます。

取引ツールの使いやすさも、YJFXは素晴らしいと感じています。売買注文を出す際の画面表示が大きいため、レートが見やすいからです。スプレッドも表示されているので、流動性の低い時間帯などでも安心して発注できます。

投資セミナーの質が高い点も、YJFXならではの特徴です。相場に詳しい方が最新動向をわかりやすく説明してくれるので、初心者でも迷わず取引の参考にできます。

YJFXを利用して取引をしているのですが、まず良いと感じる点としては

なんといってもヤフーという有名企業が提供しているサービスだけに、安心感があるというところだと感じています。FXの業者というのは数多くありますが、この世界では有名なのかもしれませんが普段生活をしているとあまり名前を聞くことがない企業ばかりなので、その点YJFXは知名度の高い企業が運営しているということで安心感があるのは良いですね。

次にスプレッドが狭いのも取引をする立場からするとありがたいもので、どの通貨ペアにしても他の業者と比較してスプレッドが狭いものばかりであるため取引にかかるコストも少ないため、その分成績に反映されて助かっています。

プロのトレーダーと素人のトレーダーとの大きな違いは3つあるとされています。資金力、時間、分析力であるとされています。プロとこれから投資をはじめようとする素人では運用できる資金に圧倒的な差があります。プロは運用資金が多いので、急激な相場変動にも耐えることができますが、素人の場合は運用できる資金が少ないためロスカットのリスクなどもあります。

次に時間です。証券会社のトレーダーやプロのデイトレーダーなどは、運用にかける時間が圧倒的に多いです。それを仕事として行っているためです。常に相場を監視しています。素人の場合は、日中は仕事であったり家事や育児など常に相場を見ていられる環境にはないです。相場と向き合っている時間に圧倒的な差があります。最後は分析力です。運用するにはファンダメンタル分析やテクニカル分析などを駆使して運用をします。

そういった分析力が素人にはあるでしょうか、これからそういった分析力をつけていく立場になります。スタートラインからプロと素人には圧倒的に差があります。そういったプロのトレーダーがいる同じ土俵で戦わなくてはならないのです。では、素人でも投資をはじめたばかりの初心者でも効率よく収益を上げていくにはどうしたらいいのか、それはFX自動売買を利用することです。FX自動売買とは、プロのトレード手法がプログラミングされた自動売買です。

これを導入すると、相場を監視するためにずっとパソコンの前に貼りついていなくても自動で注文して自動で決済をしてくれます。また、チャート上に売り買いのサインが表示されるFX自動売買もあり、サインに従って売買をします。もし勘だけでトレードをしていた場合には、初心者でもビギナーズラックがあり大きな利益を上げることはありますが、継続して安定した利益を上げるとなると難しいです。FX自動売買は、感情を一切排除した裁量トレードですので、感情に左右されることなくトレードできます。

定められてルールに従って機械的に株式売買を行う方法にFX自動売買があります。過去のデータを基にして売買プログラムが組まれており、それは、自動的に行われる方式と、トレーダーが自ら行う方式との2つの方法があります。いずれの方法においても、過去のデータを分析して、優位性が認められたルールに従って機械的に取引が行われるために、感情や情緒などに左右されることがないというメリットがあります。FX自動売買で用いてれているテクニカル指標には4つがあり、それは代表的な指数として重要な役割を果たしています。

指標としては、まず最初に移動平行線を上げることができます。移動平行線は最も使用されているテクニカル分析の指標の1つとなっています。移動平行線は過去の一定期間の株価の平均値から求めることができ、例えば、25日の移動平行線の場合には、過去25日間の終値の平均値を知ることができます。

一般的には長期と短期の二種類の平行線があり、長期の場合には、週足26週、日足25日、日中足4時間、短期の場合には、週足13週、日足5日、日中足1時間となっています。次の指標としてはゴールデンクロスとデッドクロスがあります。移動平行線を用いた買いのサイン、売りのサインとして広く用いられており、FX自動売買を行う上においても重要な確認事項となっています。

意味としては、ゴールデンクロスは、短期移動平均線が、長期移動平均線を上抜けした場合、デッドクロスとは、短期移動平均線が、長期移動平均線が下抜けしたことを表わしています。相体力指数であるRSIも良く用いられている指数の1つで、これは買われすぎ、売られすぎの判断をする場合に利用されています。通常、14日間を基本として計算されており、それは、値上がり幅と値下がり幅の合計で、値下がり、値上がり、各々の数値を割ることで算出することができます。

そして、判断基準としては、70%以上は買われすぎ、30%以下は売られすぎの水準として用いられます。4つ目にはボリュームレシオであるVRを上げることができ、この指標は前日比における、売られ過ぎ、買われ過ぎの指標となります。

近年株価の上昇などによって、株やFXといった投資が注目されています。そしてその投資には金利目的で利益を上げるインカムゲインと、価格変動を利用して利益を上げるキャピタルゲインの2つの方法があります。 CMなどでもお馴染のFXトレードは金利目的でも行うことができるのですが、多くの方は価格変動を要して利益を上げるキャピタルゲインを行っています。

その方たちの多くはその日に買ったら、その日に決済をするデイトレードを行っている場合が多いのですが、このようなデイトレーダーたちはチャート分析などを中心としてトレードを行っていきます。チャート分析を行う上では、大きく分けると2つの方法があります。それは裁量トレードとFX自動売買になります。 裁量トレードとは簡単に言うと相場観を利用してトレードをしていく方法になります。

チャートを分析していき、その先価格が上がりそうなのか、下がりそうなのかを臨機応変に対応していくことです。 これに対してFX自動売買とは、チャート上に表示できるインジケーターを利用して「このインジケーターがこうなれば買い、こうなれば売り」と感情を入れることなく、淡々とトレードをしていく方法です。 この2つの方法にはそれぞれ良い点と悪い点があり、裁量トレードは臨機応変に対応をしていきますので、イレギュラーな相場であっても利益を上げたり、損失を回避することができますが、その為には長年の経験や学習が必要になり、また裁量トレードで利益を上げている方に教えてもらったとしても、誰でも同じことができるわけではありません。

逆にFX自動売買は全てのことを数値化していきますので、教えてもらえば初心者であっても利益を上げることができます。しかしイレギュラーな相場では利益が上げられなかったり、日単位や週単位といったスパンで損失を出してしまうことがあります。 どちらのトレードが良いというわけではなく、基本はFX自動売買を利用していき、その中で経験によって「これは危ないから、条件を満たしているがエントリーは控えよう」などと裁量を入れていくと良いでしょう。

FX自動売買を行う場合には売買ルールを作る必要がありますが、その場合に悩むのがテクニカル指標の選択です。特に初めてFX自動売買を行う場合には、テクニカル指標の数も多く、また、日々新しいものが開発されているために迷ってしまいます。

しかし、FX自動売買を行う場合には、代表とされるテクニカル指標を用いるだけでも十分にパフォーマンスを上げれる可能性があり、まずは、基本的な指標を用いることから始めても問題はありません。 FX自動売買で利益を上げるテクニカル指標としては、まず、移動平均線を上げることができます。

移動平均線の内容は非常にシンプルで、例えば、10日間の移動平均の場合には10日間の終値を足して10日で割るという内容です。この平均値を結んだものが移動水平線となり、ここでは、株価がどのようなトレンドになっているかを知ることができます。特徴としては期間が短い場合には敏感な線となり、逆に長くした場合には鈍感な腺となります。移動平均乖離率も良く用いられており、これは終値と移動平均がどれだけ離れているかを表わしており、例えば、その差が10だったとすると、乖離率は+10%となり、終値が平均値よりも高いことを知ることができます。

次の指標としては期間高値と安値を上げることができます。この指標は一定期間内で一番高かったり安かったりした株価を表わしており、例えば、10日間であれば、10日間高値/10日間と表現され、短期間で高値を更新した場合には上昇トレンドの局面と判断ができ、長期間において安値を下回っている場合には、中長期的には下降トレンドと判断することができます。

期間高値安値は抵抗線として用いられることも多く、中々株価が移動しないポイントを表わす抵抗線と比べることによって、ブレイクアウトを知ることができます。そして、3つ目には前日比を上げることができます。前日比は、単純に前日の終値と当日の終値の差を%で表わしたものであり、プラスの場合には上昇、マイナスの場合には下落を意味しています。

景気の先行きが不透明な昨今、個人が行う財産形成のやり方も大きく変わってきています。 投資の手法についても、やはり抜本的な変化が見えてきました。 そもそも、個人投資家が多くいる中で、たとえば1年間という期間を通じて利益を上げているのは、10%に過ぎないと言われています。 理由は明確です。 投資の判断を下す段階で、客観性を失い、うまくいくであろうという希望的観測、逆に、どうも悪い予感がするといった臆病さに襲われることが多いものです。

そういった感情は、ある意味、生身の人間である以上、避けることができないものでしょう。 みずからの意思を上手にコントロールするのが、トレードで成功する前提であるといっても過言ではありません。 そこで、FX自動売買が注目されてきたのです。 私自身も、自分の意思を制圧するために、FX自動売買を存分に使っています。

FX自動売買ですから、事前に決めておいたルールに従い、継続的かつ機械的にトレードいたしますので、個人的な思いというのは排除されます。 私は、FXに取り組んでいましたが、FX自動売買を取り入れて以来、淡々と取引ができ、フラストレーションをためることなく、成果を上げることができるようになりました。 何よりも、感情のすべてを除外し、ルールにのっとって利益確定や損切りの判断をシステムがやってくれるのです。

相場観を持たずに売買ができるのは、大きなメリットです。 また、FX自動売買であれば、私のかわりにシステムがずっとマーケットを見続けて、ルール通りに、機械的にトレードしてくれるので、私自身が、24時間、マーケットを監視し続ける必要はありません。 この点は助かりました。 私が投資で一定の成果を獲得できているのは、まさに、FX自動売買のおかげにほかなりません。人間として持っている心理的弱点をカバーして、トレードで利益を出すためには、FX自動売買は非常に有効な手法です。 自分の投資スタイルに合ったFX自動売買を見つけることが大切です。

FXの売買は非常にシビアです。少しでも売買のタイミングを間違えてしまえば、大損することがあります。そのタイミングは毎日繰り返し売買を行っていても中々身につくものではありません。ましてやFX初心者の場合は非常に難しく把握することは不可能です。

そこで頼りになるが、このFX自動売買ツールです。銘柄さえ指定しておけば、最適な時間に取引を行い確実な利益を獲得できます。大事なタイミングを逃すことなく、取引ができるためFX初心者でも安心して使用できるツールです。有料のツールになりますが、それでも人気度はかなり高いです。多くの人が使用をしてFXに参加をしています。

このFX自動売買ツールを販売しているのは、一社だけではありません。複数の企業が開発をして販売をしています。それぞれのツールには特徴があり、得意とする取引が決まっています。相性の良いツールを選択できなければ、大損をすることもあります。最適なツールを選びたいのであれば、ネット上にあるランキングサイトを参考にすると良いです。ネット上に公開されているツールのほとんどの情報をそこで調べることができます。

基本的な情報だけでなくランキング形式で各ツールが紹介されています。どのツールが人気あって、どのツールで利益を獲得できるのか、複数の項目でランキングが作成されています。ランキングに入っているツールにはレビューが投稿されています。実際の使用者が書き込みをしたレビューで参考になる内容ばかりです。

FX自動売買というのは決められた条件で自動的に売買をしてくれるものであり、必ず利益が出るといった性質のものではありません。 そのため、運用をしていくには必ず検証をする必要があり、動作に問題がないか期待した利益を出すことができるのかということを、しっかり確認をしておく必要があるのです。

FX自動売買の検証で大事なことは、指定した通りの売買を行っているか、期待される結果が出ているかということが重要なポイントとなります。 まず、指定した通りの売買をしていないのであれば条件設定にミスが有るということになりますから、その時点で期待した通りの結果が出ないことになってしまいます。

この場合、必ずしも損をしてしまうということにはなりませんが、最初の時点で考えていた動作とは違う動作をしているわけですから、どのような結果になるのかも予想がつかないものとなってしまいますので注意が必要です。 次に支持した通りの動作をするからといって利益が出るわけではありませんから、その結果として本当に利益が出るのかということもよく確認をすることが大切です。

このような部分を確認して置かなければ、ただお金だけが減っていくプログラムになってしまうこともあるので、FX自動売買をする場合には必ず検証をすることが必要となってくるのです。 FX自動売買は上手に利用をすれば、見ていないところでチャンスを逃さず利益を出すことができるので、有効活用をしてみましょう。

投資をする際には、リスク管理が成功の鍵を握ります。特に比較的ボラティリティが大きいFXの場合は、価格の変動差が非常に大きく、一瞬のうちに資産を失ってしまう可能性があります。そのため、しっかりとしたポートフォリオを組むのみならず、損切りをしっかりと行う必要があります。

しかし、多くの人がこの損切りを躊躇した結果、投資の世界から身を引いています。そのため、人間の感情に左右されずに機械的に取引を行ってくれるツールがあれば、投資における成功の可能性を高めることが出来ます。そこで、FX自動売買ツールを提供している証券会社・外為会社を利用することが非常に重要といえます。

最近は、各会社が様々なFX自動売買ツールを発表しています。損切りラインを設定して自動的に行使してくれるものから、定期的に発表される経済指標の数値発表を受けて、売りや買いを行使するツールなど、多種多様です。そのため、まずは自分に合った取引ツールを見つけることが大切です。一般的に各社は無料およびトライアルのツールを提供していますので、実際にPCにインストールして一定期間利用すると良いでしょう。

次に自分と相性の良いツールが見つかったら、その会社の約定能力が高いかどうかをしっかりとチェックする必要があります。FX取引の場合、価格の動きが数秒で大きく変動します。そのため、予め自分が設定していた約定額にしっかりと反応するかどうかを実際に取引しながら確認する必要があります。また、昨今はネット上にあるブログやランキング等で人気のある自動売買ツールを調べることが出来ます。

FXを実践する上で、一番手っ取り早い方法は、自分自身が買いたいと思った時に買い、売りたいと思った時に売るという所謂「裁量取引」ですが、この方法ですと、含み損が膨らんだ場合に損切りできなくなるという恐れがあります。それはどういうことかと言いますと、FXはある程度含み損が膨らむと、業者側が自動で損切り決済を行う「ロスカット」というルールを適用する場合がほとんどで、ロスカットされると損することになります。

裁量取引は自分で損切るルールを決めて自分で行う分には良いのですが、初心者の方はほとんどと言っていいほどこの損切りができません。なぜなら損をするからです。FXでトータルで利益を出そうと考えた時、損切るということは避けられません。そこで効果的な手段と考えられるのが、FX自動売買です。

これはFX業者によるのですが、自動売買システムを導入している所で利用することができます。自動売買とは裁量取引ではなく、業者のシステムが勝手に自動で売買注文・決済をしてくれるシステムのことです。機械が取引をやることになるのですが、良い点として、損切りもきっちりやってくれるので素人が苦手な損切りという行為を機械がやってくれるのでストレスがかからないということです。

2chでの市況板ではFXのスレッドも多く立てられていますが、自分で自動売買システムを構築して取引しているとみられる方もいますが、ほとんど裁量取引の人が多いようです。自動売買システムの評価はまだ少ないと言えるでしょうが、利益の方法としての自動売買というのは今後もニーズが出てくるでしょう。

FX自動売買ツールなどで、これを使えば絶対に儲けがでるといった詐欺は珍しくないので十分に注意をしましょう。 相場というのは絶対というものがありませんから、必ず利益が出るようなFX自動売買ツールなどはありません。 もし、そのようなものがあるのであれば販売をする必要はなく自ら使って利益を出せばいいわけですから、販売をされているという時点でその信憑性は疑わしいものとなってしまいます。

次に仮に効果があるにしても、それが永続的に効果があるとは限らないのです。 特定の相場に対して強いFX自動売買ツールであっても、相場の流れが変わってしまえば損失だけが膨らむことになります。 トレンドフォロー型はボックス圏になれば損切りを繰り返してしまうことになりますし、ボックス型のFX自動売買ツールはトレンドが派生した時に大きな損失を出してしまうおそれがあります。 そして何より仕組みもわからないFX自動売買ツールに手を出すというのは、リスクの大きなものとなっていて利益どころが大損をしてしまう恐れがあるので注意が必要です。

細かく損切りをされる仕組みになっていれば良いのですが、大きな利益を狙って損失も大きくなるような設定であれば、回収しきれないぐらいの大損失をしてしまう可能性もあるので、このようなFX自動売買ツール詐欺には十分に注意をしましょう。 FX自動売買ツール自体は上手に使えば、効率よく利益を上げることも不可能ではないので怪しい謳い文句のものには注意をすることが大切です。

FX自動売買を使用する場合はリスク管理が大切
FX自動売買は、値動きの早いFXの投資を行うには非常に便利なツールです。熟練した投資家の経験を活かした投資術やタイミングなどをシステムが変動状況を見て自動的に投資を行うため、いわゆる放ったらかしにしておいても投資ができ、またそこそこ利益を上げることができるという事もあり、忙しい人などには非常に便利なものです。しかし、FX自動売買には大きなリスクが伴います。それは人間が見たら明らかに投資をしないタイミング...

FX自動売買プログラムとはどのようなものか
FX自動売買プログラムというのはどのようなものかというと、文字通り自動的にFXの売買をしてくれるものとなります。 自動で売買をしてくれるというのはどういうことなのかというと、あらかじめ指定された条件になったときに自動的に売買をしてくれるのです。 つまり、FXにおけるIOC注文やIFD注文を更に進展させたものと考えればよいでしょう。 プログラムによって...

初心者にはFX自動売買をおすすめします。
アベノミクスや日本銀行のマイナス金利の導入など経済のニュースが話題になっている現在、サラリーマンの方に人気のFX。FXは少ない資金でも手軽に始めることができ、資金を増やすことができると人気です。しかし、FXって経済の先行きやチャートの読み方など難しいイメージがあります。そこでFX初心者の方におすすめしたいのが、FX自動売買です。FX自動売買とはコンピューターが相場の動きを予測して自動的に売り買いをしてくれるのです。相場は24時間絶えず変化しております。専業のトレーダーではない限り、1日中チャートを...

FX自動売買に関する本について
FX自動売買をする方の多くは、板に張り付いていられない社会人であったり、お忙しい方だったりするはずです。もちろん、次官があるからといって常に、FXの為替相場の画面に張り付いているわけには行きません。まず、精神衛生上それほど、よいとは言いがたいです。かといって、注文をして場を離れ、仕事に熱中し、帰宅の途に付いたとき自らのポジションがロスカットで消滅していたでは...

FX自動売買ツールはスマートフォンに対応しました
FXを取り巻く状況はリアルタイムに変化していきます。その状況を間違って判断をすれば大損することになるため、慎重な行動が求められます。しかし、慎重な行動ばかりしていてはFXで利益を得ることはできません。効率的に取引を行い利益を増やしたいのであれば、FX自動売買ツールを使うと良いです。有料のソフトウェアになりますが、的確な取引を行うツールです。ツールの使い方はとてもシンプルで売買をする銘柄を選択するだけです。後はツールが市場の...

投資の初心者はFX自動売買が向いています
投資がインターネット経由で行えるようになってきてからは、今まで投資を行っていない人もするようになってきました。 投資をしている人の中でも株式を行っている人は増えていますが、FXを行っている人は少ないです。 FXは最近人気が出ている投資方法で、一般投資家の中でも行う人が増えています。 FXはハードルが高いと考える人が多いことや、世界情勢のことを知る必要もあるので、難しいと考えるのです。 初心者の場合には...

FX自動売買で自分好みのポートフォリオを作成
昨今の日本は、株式市場やFX市場が非常に沸いています。その一方で、初心者が投資額をすべて失うというケースも少なくありません。プロやベテランでも失敗する可能性があるのが投資の世界です。 しかし、最近はインターネットによる取引が一般的となる一方、約定するスピードが依然と比べ物にならないほど速くなり、価格の変動も一瞬で変わるなど、人間だけではついてゆけない世界となりつつあります。また、投資においてはリスク管理が非常に重要です。適切な損切りを行うことが出来なければ...

FX自動売買のためのソフトについて
投資スタイルは人それぞれです。日本株は朝の9時から昼の3時まででお昼休みがあります。ナイトセッションはこの際無視します。ですので、株式投資を行う人には(どれに投資しようかという考慮時間を無視すれば)基本、休み時間があるわけです。但し、FXに関してはこの休み時間がありません。確かに、夏時間、冬時間とに分かれていて、今なら冬時間ですが、夏より1時間遅れで始まり、終わりも1時間遅くなります。しかし、終わるといっても早朝の10分程でそれ以外は土曜から月曜の朝までの2約48時間以外...

FX自動売買ツールを使うときの注意点
国内のFX業者で取引をする場合、まずその業者がFX自動売買を許可しているかどうか確認しておかなくてはなりません。中には自動売買をサーバーに負担をかける行為として禁止しているところもあるのです。 業者側がツールを提供しているようなところでは自動売買をしても問題ありません。自動売買にもさまざまなタイプのものがあります。例えばトレードに成功しているユーザーをフォローし、取引をコピーするタイプのもの。フォローしている...

FX自動売買におけるシステムトレードのメリット
FX自動売買に限らず、投資において、一番邪魔をするのは投資をする人の心の制御です。最初は投資の原理原則にのっとり自分の中で決め事を作りますが、所詮自分の中での決め事です。少し心が揺らいだら最後、たちまち市場に飲み込まれてしまいます。そうなっては、せっかく一番最初に自身で思い描いていた相場のストーリーが成功したのか失敗だったのか分かりませんし、取り決めを反故にした段階でたらればの世界になってしまい、現実ではなくなってしまいます。これなら、リアルな世界ではなく、ゲームセンターで遊んでいるのと大差ないです...

相場についていろんなことを考えた
相場は生き物だと言われています。人間の感情が入っていて、そのときの状況に合わせて刻々と変化するから。動く相場を見ていると、人間の感情の移り変わりを見ているような気持ちになります。指標発表には市場予想があって、参加者の多くは市場予想に期待すると思います。期待度が大きいほど、結果に敏感に反応します。それがチャートに表れて、大幅に良ければ急騰、大幅に悪ければ一瞬で売られます。極端な場合そうなります。急激に動くチャートを見ると、生きている!と思います。市場参加者たちの気持ちが込められていることに感動します。前向きな時は買われ、後ろ向きな時は売られる。指標発表に限らず、毎日入ってくるニュースにも敏感に反...

外貨預金よりもはるかに利用しやすいFX
現在において効率的に資産運用をするための方法として日本の金融商品を購入するよりも海外の金融商品を購入したほうがいいと言えるでしょう。なぜなら日本の経済成長よりも海外の国の経済成長のほうが期待することができるからです。そこで海外の金融商品の中でも一番人々の身近にあるのが外貨で、これを購入して投資をしている人も多いです。外貨を購入して投資をするためには外貨預金をするのが一般的ですが、ここ最近はFXを利用して外貨に投資をしている人が増えています。なぜならFXは外貨預金よりもはるかに利用しやすく、またいろいろな点で優れているからです。そしてFXは外貨預金と比べて利用しやすい点としてどのようなことがあげ...

ロンドン時間で持った豪ドル円の買いがニューヨーク時間になり、やっと売れる
今日、豪ドル円のトレードを頑張りました。東京時間午前にレンジを抜けたのを確認すると、買ってみたいと思いました。お昼にまだ値動きに関係する指標が控えていたために、我慢して待つことにしました。私がトレードをする上で重視している待つということを守れました。お昼には豪州政策金利発表がありました。発表前にポジションを持って、損切りに引っかかる事を私はひどく恐れています。だから、意地でもポジションを持たないことを守り通せました。結果は、金利据え置き。買いを持っていれば50PIPSの利益が出ていたことになります。持たないことで取れる利益という面で損をしたことになりますが、私はこれからだと思いました。急騰を見...

全体的にクロス円は下げ。ポンド円だけが高値圏。
豪ドル円を中心として、クロス円全体も見ています。ポンド円だけは、高値推移になっていて、他の通貨は底値に近い位置を動いています。相場全体の方向性としては、ロンドン時間序盤に日本の要人発言が入ってきて下げたことで、やはり下ではないかと思っています。特に豪ドル円に関しては、目線は下で考えた方がしっくりきます。なぜかというと、本日の東京時間に発表された指標が悪かったので、クロス円の中では一番売り圧力が残っている印象です。米ドル円は、東京時間は穏やかで決まったレンジの中を動いていました。ロンドン時間序盤になると、入ってきた日本の要人発言によって下げ圧力が高まりました。あれから4時間以上が経ち、一旦は持ち...

6月の始めからクロス円の方向性が違う
6月1日の新しい相場。晴れることを期待していましたが、クロス円の方向性はそろっておらず、曇り模様です。豪ドル円は、先週金曜日95円割れをしてから、94.80で重たく推移していました。8時間足で目撃した94.50のサポート割れは回避できたものの、上値が重い事実は否定できません。いつか、ここを割って94円前半に突入するのも時間の問題だろうと思っていました。金曜日どういう足型で引けるのかマーケットが終わってからチェックすると、陰線ではなく小陽線でしたので、なんとか大丈夫かもしれないと思いました。月曜日の今日は95円に戻してきていますし、サポート割れを回避したことで上に行く可能性が高まってきました。月...

米ドル円が124円後半についに突入
今日は6月2日。前日は、124円手前まで押されてなかなか値が進まなかった米ドル円が、本日の東京時間では、124円後半を見事達成させ、124.80まで値が進んでいます。それは、10時過ぎの様子です。業者のホームページにログインする前に、ヤフーの経済ニュースで124円後半を達成させたことを知ってしまいました。前日のニューヨーク時間で夜の10時頃までパソコンに張り付いて見ていたのに、残念ながら値が進んで行く瞬間を目撃することは出来ませんでした。高値を更新していったのってたぶん、深夜で私が布団で寝ている頃だよね?きっとそうに違いない。いつもチャートを見て思うんだけど、ニューヨーク時間で深夜の2時とか3...

最近感じる豪ドル円の値動きの特徴
東京時間が終わり、ロンドン時間がスタートしました。朝から、今も変わらず米ドル円は売られています。豪ドル円は、東京時間に96.89の高値を付けてからは、休憩に入っている感じです。ロンドン時間中ずっとレンジになるのではないかという気がしてきました。そして、高値更新はニューヨーク時間になってからではないかな。どうしてそう考えたかというと、最近そのような傾向が多いからです。前日の豪ドル円は、東京時間で高値を更新してからは、休憩に入り、ロンドン時間はレンジ相場になっていました。それが、ニューヨーク時間になった途端、勢いよく上に向かい始めました。そうなんだぁ。最近は、ニューヨーク時間がトレンドの出やすい時...

取引をするために預ける証拠金について
FXの別名は外国為替証拠金取引と呼ばれていて、この投資をするためにはまず取引をするための口座を開設して、その後開設した口座に一定の額のお金を預ける必要がありますが、このお金のことを証拠金と言います。証拠金とはFXの取引をするための担保となるお金で、預けたお金の額の範囲内であれば自由に取引をすることができます。またFXの取引は他の投資とは違って、レバレッジをかけて取引をすることができます。レバレッジとはてこの原理のことで、少ないお金でより多くの額の取引をするという意味で使われています。そのためレバレッジをかけて取引をする場合は必ずしも自分が取引をしようとしている額の証拠金を用意する必要はないので...

FX会社の比較、選び方5つのポイント
FX会社を選び口座開設をするときに、どんなことを気にしていますか。それは人それぞれメリットデメリットがあるため異なるでしょうが、どういうポイントを見て選べばいいのか、5点をあげていきます。一つ、自分が持っている通信デバイスに対応しているかということです。パソコンを持っている人ならばおおむね問題はないかもしれせんが、それでもwindowsかmacか会社独自のFXソフトやアプリに対応しているかはチェックしておいたほうが良さそうです。また、スマートフォンしかパソコンはなく持っていないという人は、そのFX会社がスマホアプリに対応しているか調べておきましょう。またその際にiosかAndroidかも要チェ...

夜7時過ぎに相場を見ると、豪ドル円が下げている
6月1日。東京時間がスタートした時から相場観察を行ってきました。お昼前に少し休憩を挟みながら、気持ちを切りかえて無事、東京時間を終えることが出来ました。結局相場に変化は起きませんでした。ロンドン時間になってもしばらくは変化が起きなかったため、諦めて目を休ませました。夕食を食べ終わって、7時過ぎに相場を見ると、豪ドル円の様子がすっかり変わっていました。東京時間では上値が重そうな雰囲気でしたが、下落してから先週になかなか戻してこれなかった95円を少しだけ越えた位置にいました。上値重いけど、月曜日は様子見が多いから、まぁレンジが継続するのかなと思っていました。案の定東京時間ではレンジでした。ロンドン...