米ドル円が124円後半についに突入

今日は6月2日。前日は、124円手前まで押されてなかなか値が進まなかった米ドル円が、本日の東京時間では、124円後半を見事達成させ、124.80まで値が進んでいます。それは、10時過ぎの様子です。業者のホームページにログインする前に、ヤフーの経済ニュースで124円後半を達成させたことを知ってしまいました。前日のニューヨーク時間で夜の10時頃までパソコンに張り付いて見ていたのに、残念ながら値が進んで行く瞬間を目撃することは出来ませんでした。

高値を更新していったのってたぶん、深夜で私が布団で寝ている頃だよね?きっとそうに違いない。いつもチャートを見て思うんだけど、ニューヨーク時間で深夜の2時とか3時ってあまり動きがなくてレンジになってることが多いような。私の勝手な憶測だけど、もしかして米ドル円の高値更新が始まったのってその頃の可能性がありそう。なんとなく。きっとその頃だ!そう思って高値更新の歴史を振り返るべく、チャートを確認したのでありました。

米ドル円が高値を更新したのは深夜の2時でも3時でもなく、私が思っていなかった意外な時間でした。それも、あとちょっと起きていればよかったって思う時間です。深夜の11時です。あと1時間パソコンに張り付いていれば絶好のエントリーチャンスが来ていたのに。でも、もし私が見ていたら米ドル円を買ったのかな?なんとなくだけど、夜遅いっていう事と、過熱感から買っていくのが怖いといういう持ちになって、買わなかったかもしれない。

買いたいって思っても注文できずに値がどんどん進まれて終了みたいな結末が待っていたのかもしれません。そう思うと、知らなくてよかったかも。知っていてチャンスに乗れなかったらよけい悔しいよ。でも、寝ていたからしょうがないって思える。124円を越えて125円に向かうことを心配して精神状態がおかしくなりそうな先週でしたが、まだ125円を付けずとも近い位置にいる米ドル円を見ると、やっぱりそうなったか!って安心してしまっている自分がいます。


FX自動売買の簡単な始め方!
選んで設定をするだけでプロ並みの取引開始