取引をするために預ける証拠金について

FXの別名は外国為替証拠金取引と呼ばれていて、この投資をするためにはまず取引をするための口座を開設して、その後開設した口座に一定の額のお金を預ける必要がありますが、このお金のことを証拠金と言います。証拠金とはFXの取引をするための担保となるお金で、預けたお金の額の範囲内であれば自由に取引をすることができます。 またFXの取引は他の投資とは違って、レバレッジをかけて取引をすることができます。

レバレッジとはてこの原理のことで、少ないお金でより多くの額の取引をするという意味で使われています。そのためレバレッジをかけて取引をする場合は必ずしも自分が取引をしようとしている額の証拠金を用意する必要はないので、他の投資に比べて少額のお金で取引を始ことができます。

そこでまず実際にFXの取引をするためにどのくらいの証拠金を用意しておくのがいいのかという取引をする額によって違いますが、1万単位で取引をする場合は20万円から30万円程度用意すれば、余裕を持って取引をすることができます。またここ最近においては初心者の人でも取引を始めやすいようにするために1000単位で取引をすることができるFX業者も増えています。

そこで1000単位で取引をする場合は3万円から5万円程度の証拠金で十分です。 そして実際にFXの取引をしているときに利益が出たり、損失を出したりすることになりますが、それを加味して出した有効証拠金というものがあります。取引をするにおいてはただどのくらいの額のお金を預けているかを認識するだけでなく、実際に有効となっている証拠金はどのくらいなのかをしっかり把握しておくことが大切です。

またレバレッジをかけて取引をした場合で大きな損失を出してしまった場合は証拠金がかなり減ってしまうことになります。そして有効証拠金が取引に必要となる証拠金の割合が一定の基準まで低くなってしまうとマージンコールがかかり、証拠金を追加するようにという通知がくることになります。


FX自動売買の簡単な始め方!
選んで設定をするだけでプロ並みの取引開始